2018年10月23日火曜日

ドリームプランニングを開催しました!


こんにちは。
学習塾FLAPS新百合ヶ丘校の坂林です。

本日、小学生向けイベント、
【ドリームプランニング
開催させていただきました。

「子どもたちの夢」をはぐくみたいというところからスタートした
このイベント。今回はドリームボックスを作ってもらいました
夢に関するものをしまっていく夢の宝箱



ドリームボックスの制作過程を大公開!



○○になりました!

と、箱の側面に自分の未来の姿を想
像して描きました。

★世界一の幼稚園の先生になりました
★世界一広い公園にいきました
★たくさんのとかげと散歩に行きました

などなど、職業だけにとらわれないユ
ニークなものも!!



応援メッセージ

夢までの道のりでくじけないよう、
自分の好きな人、好きなキャラク
ター、好きな動物、から応援メッ
セージをもらうことを想像します。

★一緒に行けるのを楽しみにしているよ!
★絶対にくじけないで!!大丈夫だよ!!
★一緒に試合に出れる日が楽しみ。

こんなメッセージを書いてました☆



夢が叶った姿の想像

合成写真を使い、夢が叶った気分を味わうことに

画像と写真のサイズを合わせることにひと苦労(笑)
ここが一番盛り上がりました!



やることリスト

夢をかなえるために必要な事、やって
おくべきことをリスト化しました












限られた時間の中で、自分が作りたいドリームボックスにぴったりの
写真やイラストを探したり、色をつけたり、楽しそうに取り組んでくれました☆



ぜひ、お家に帰ったら宝物をしまっていってね!



今回のドリームプランニングでは、【自分のやりたいこと】について考えるだけでなく、
その夢をかなえるための【逆算思考をしてもらう】ということも大きな目的の一つでした。

これからのドリームプランニングでも、夢のきっかけを作ったり、夢叶えるために必要なことを学んでもらったり、FLAPSは取り組んでいきますので、


次回もぜひご参加ください!


2018年10月6日土曜日

復習の方法

こんにちは。
学習塾FLAPS新百合ヶ丘校の小林です。

一気に寒くなりましたが、皆さま風邪などは引かれていませんか?


当塾でも、風邪を引いてお休みする生徒が増えてきました。
季節の変わり目に夏の疲れなどが出やすいので、
身体を冷やさないようにお過ごしください。





さて、今回のブログでは、

定期テストや模試などの 復習の方法 について、ご紹介します。






みなさん、復習はどのように行なっていますか?
答えを写してるだけになってはいませんか?

そうなっていたら、
要注意、そして勿体無いです!



では、具体的にどのように復習を進めていけばいいのでしょうか?




    








手順はこうです。

まず、問題の一問一問を、
A. 自信のあったものB. なかったもの に分けてください。
(各問題番号のところにAまたはBを書きます。)



いかがでしょうか?



そして、記号を書いたときに、

  ・自信があったけど間違えた問題
  ・自信がなかったけど合っていた問題


この二つは特に要復習の問題になります。





自信があったけど間違えた

 これは、その単元を間違えて覚えてしまっており、
 同じような問題を解いたときに
 もう一度同じようなミスをする可能性があります。

自信がなかったけど合っていた問題
 「勘で解いたら合っていた」問題になります。

 同じような問題を解いたときにもう一度同じようなミスをする可能性があります。





以上の問題をよく復習することで、あやふやな知識を定着することができ、知識の基盤が出来上がっていきます。






そしてさらに、間違えた問題を分析することがとても大事になってきます。




間違えた問題には、いくつかのパターンがあります。

1.ケアレスミス
2.その問題に出てくる単元が完全に分からない
3.その問題に出てくる単元の解き方を忘れていた
4.その問題に出てくる単元を間違えて覚えていた




そして、自分がどのパターンが多いかを意識してみてください。

1.であれば、どのようなケアレスミスをしているかを見てみてください。
2.であれば、その単元の復習をする必要があります。
3.であれば、記憶の定着が課題です。
4.の場合、2.と同じように、その単元の復習が必要になります。





このように細かく考えていくと、
自分がどの単元でどのようなミスをしているかを把握することができます。

そうすることで、いざ試験などで問題を解くときに、
同じような問題を間違えないように意識することができます。




一見地味な作業ですが、これを根気よく続けていくことで、
応用問題などにも対応ができるようになっていきます。



間違えた問題を記憶するのではなく、
「なぜ」なのか考えて解くことが大事です。



     


「分析はしてみたけど、その後どうしよう...?」
という方は、ぜひ、担任講師に相談してみてください。


講師一同、お待ちしています。







☆ライバル紹介キャンペーン実施中☆
★最大4回までの無料体験授業 随時受付中★
お問い合わせはこちらまで⇒お問合せフォーム(24時間受付)



テストに向けて

こんにちは。学習塾FLAPS新百合ヶ丘の高岡です。 中学生は来週、前期中間テストですね。 テスト勉強は順調ですか? 本日はテスト前最後の土日の為、たくさんの生徒が自習に来ています。 「漢字や、英単語、社会理科の語句が覚えられない」 と頭を抱えている生徒も見受けられま...