2017年9月12日火曜日

最後まで丁寧に!

こんにちは。
いつも世話になっておりますフラップス新百合ヶ丘校の安部です。


夏休みも終わり、前期期末のテスト真っ最中ですね!
(もう終わった学校もありますが)

また、季節の移り変わり目で、天候が毎日違うので、体調には気を付けましょう!



さて、本日は、自学(自分で勉強をする)時のポイントをご紹介したいと思います。


このポイントをしっかり理解し、実践することで、次の試験や高校受験、もっと言うと大人になってからも役に立つことでしょう。

そのポイントとは・・・


『丸付け』


です。


丸付け???



小学校高学年にもなると、自分で丸付けをする機会が増えてくると思いますし、フラップスでも自分で丸付けをすることがとても多いと思います。


自分で行う丸付けをどのように取り組むかで学力に大きな差が生まれてきます。


今から3つの丸付けの方法を紹介します。どの丸付けをする生徒が、今後伸びていくかを想像してください。



1つ目
Aさんは、自分で解いた問題に対して、正解しているものには○、間違っているもの人は☆をつけてきます。(フラップスでは不正解のものには☆を付けます)

2つ目
BさんはAさんと同じように丸付けをして、☆が付いたものは赤ペンで答えを写してきます。

3つ目
Cさんは、Aさんと同じように丸付けをして、☆が付いたものを答えを見た後に、もう一度自分で解いてみます。解いてみて理解が出来たら赤ペン以外の色で丸付けをします。



どの生徒の学力が伸びていくでしょうか。


おそらくみなさん、Cさんが伸びていくと考えたかと思います。


正解するように解くのは大切ですが、解いた後も非常に大切です。



丸付けとは、自分が正解しているものを確認する為ではありません。

丸付けとは、間違えてしまったものを自覚させてくれる、コーチのようなものです。


この丸付けは、自分で反省して、解決策を自分で考える習慣に繋がります。








大人になった時に、この能力が高いレベルで培われていれば、成長スピードが速まるのだと思います。


もちろん丸付けの方法だけで全てがうまくいくとは思いませんが、かなりのレベルまでは到達するのではないか、と考えております。


そして、いきなりCさんのように完璧にできるようになるわけでもないので、徐々にステップアップしていくように、私たちは促してまいります。


『自分で決めて自分でやる』


勉強は大切。それを通して習慣を養っていけるように努めてまいります。




0 件のコメント:

コメントを投稿

  いつもお世話になっております。 学習塾フラップスの安部です。 台風が来るや否や、すぐに猛暑。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 さて、本日はフラップスの夏の大イベントについてお伝えです!! その名も ☆...