2015年12月25日金曜日

冬休みの務め


いよいよ冬期講習がはじまりました。






中学生はもちろんのこと小学生も
自分の苦手と真剣に向き合っています。





1教科3時間。
小学生にとっては長い時間だと思います。




それでも一生懸命取り組む生徒の姿勢。

わからなかった問題が分かるようになった時の生徒の嬉しそうな顔。


この冬期講習で、ひとまわりもふたまわりもたくましくなったように感じます。




冬期講習を受けて成長すること。


勉強するわけですから、講師としても当然、生徒の学力を持ち上げていくことに集中していきます。





が。






冬期講習をうけるまでにも成長があったりするなぁと感じているこの頃です。



やはり小学生にしてみれば、勉強はできれば遠ざけていきたいものなのかもしれません。


「冬休みは、むちゃくちゃ遊びたい。」


うんうん。小学生らしくていいかもしれない。



でもだからといって、かれら、「何も勉強しなくていい!」

とは叫ばないんです。




なんだかんだで、やらなくちゃいけないことは、よくわかっているようで。




例えば小学校六年生。



算数の授業が数学になるとどのように難しくなるのか。


話をしてあげると手遊びがピタッととまったりします。



かれらの覚えている危機意識を、ちゃんと見てあげて、その方向を肯定してあげること。


これってなかなか日常の中でできていないのかもしれない。




すると、「おれ、この講座は必要かも。やっておこうかなぁ…。」なんてぼやいたりして。




勉強の必要性に気づかせるのも、実は長期休みの任務だなと感じています。




さぁ小学生。中学生。受験生の背中、しっかりみておこうね!


先生たちも、気合いいれて頑張ります!
















0 件のコメント:

コメントを投稿

  いつもお世話になっております。 学習塾フラップスの安部です。 台風が来るや否や、すぐに猛暑。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 さて、本日はフラップスの夏の大イベントについてお伝えです!! その名も ☆...