2015年9月2日水曜日

算数=?


お世話になっております。新百合ヶ丘校の算数・数学講師の水谷です。


最近は秋雨前線がきて、ジメジメっとした日が続くこの頃ですが、
お体も崩しやすい季節になりますので、お気を付け下さい。
特に、前期期末試験を控える中学生の皆さんは、体に気を付けながら、
追い込み頑張ってください!応援しています!



さて今回は、『算数を楽しむ』ことについて科学してみたいと思います。



算数ほど、好きor嫌いがハッキリと出る科目は無いです。

が、なぜ嫌いになってしまうのだろうと、科学していったところ、




『マイナスな固定概念(=面白くない、たのしくない、単純作業)』が植えつけられるから




なのではないかと思います。


たとえば

・算数はとにかく公式や解き方を覚えればいいものだ。
・考えることが大事なのはわかっているけど、まず何したらいいのかわからない。
・だから、いや。面倒くさい。嫌い。…

と考えている方も、少なくはないと思います。



算数を目の前にして、こんな考えが頭の中をぐるぐると駆け回っていたら…
たしかに、それは手が止まってしまいますよね。





では、はたして算数ってそんなにつまらないものでしょうか?



[フリーイラスト素材] クリップアート, 白熱電球, 電球, 照明器具, SVG ID:201503051600





いや、…めちゃくちゃ楽しいです。



算数は確かに覚えなくてはいけないものもあります

ただ、それは算数を楽しむための道具であり、算数を楽しむための手段でしかないのです。

(突き詰めていけば、なぜその公式が出来たのかを理解することは…実は、知的欲求を満たすものであったりもします。)





その道具を使って、解けたときの達成感があるから楽しい。

その道具を使って、答えを導くための自分の思考力を鍛える、ワクワク感があるから楽しい。

たとえば、

以前、小4の算数の授業で、単位変換をして計算する授業があったのですが、
表を見て、0(ゼロ)を付け加えたり、0(ゼロ)を消したりするという単純作業でも、
一緒にやりながらコツがわかると、
「思いついた人から手を挙げて発表しよう」と声掛けするだけで、
頭の中でぐるぐるぐるぐる考え、どんどん手を挙げてくれました。
最後は、皆で手を挙げて、一斉に答えてくれました。
実は、初参加の男の子もいたのですが、当たりたくて仕方がなかったのか
ほとんど手を挙げ続けてくれていました。






「算数が嫌いなのではなく、

算数の楽しみ方を知らないだけ。」



であれば、算数を一緒に楽しみませんか?

嫌いだったものを楽しむ力、一緒に創りませんか?




FLAPSでは、現在新学期応援のキャンペーンも行っています。

ぜひお気軽にご相談ください。




ご精読ありがとうございました。



0 件のコメント:

コメントを投稿