2015年3月2日月曜日

今年の神奈川県立入試は…



こんにちは。
今回は、講師の水谷が担当させて頂きます。

県立入試が終わり、つい先日合格発表が27日に行われました。
次々と嬉しい報告が入り、講師たちもうれしい限りです。

生徒一人ひとりが頑張ったことの結果でもありますが、
合格という結果を引き出していただいたのは、
保護者の方のご協力、支えがあってこそです。
改めて、中3生の保護者の方々、ありがとうございました。




年受験を控える、現中学2年生と保護者の方々も、

来年は内申点が入試に直結する、現1年生と保護者の方々も、

そして来年から中学へ入学される、現小学6年生と保護者の方々も、



今年の神奈川県立入試の動向を気にされていると思います。
そのため、今回は…

今年の神奈川県立入試について

お話ししたいと思います。



今年は、英語・理科・数学の3教科が去年よりも難化し、
大手予備校受験者の全体平均点が6点以上マイナスになりました。




神奈川県立入試は一昨年から、入試制度が変更になりました。

その後の結果が
平成25年度が 英語 54.8 数学 65.5 国語 67.8 理科 66.4 社会 51.1
平成26年度が 英語 59.6 数学 51.7 国語 60.8 理科 38.6 社会 49.5

と、去年も、数学・国語が難化。理科は、27点以上平均が下がるほど難化しました。

その上、今年はさらに、英語・数学・理科が難化し、予想では全体の平均点が下がる傾向にあります。







来年…再来年…3年後…

心配になる方も少なくないと思います。



だからこそ

『ライバルよりも早く差をつけたい!2年生から内申点をしっかり取っておきたい!
入試直前になる前に苦手を克服したい!…』

そんな燃えているあなたを、FLAPSは全力で応援します。



ただ…なかなか普段学校がある中では、ライバルに差はつけにくいもの。

そこで、今年もFLAPSで、春休みを利用した、春期講習の提案をスタートします。



今回は、ご要望の多かった【理科】【社会】も、次期受験生のみ開講いたしましたので、
ぜひご活用していただければと思います。


1年後の未来も、2年後の未来も、3年後の未来も、
そして、その先も
今の頑張りによって決まります。

夢につながる今をFLAPSで一緒にがんばりましょう!







0 件のコメント:

コメントを投稿

英検・漢検・算数数学検定のそもそもの目的って?

いつもお世話になっております。 学習塾フラップスの安部です。 朝晩がどっと冷え込み、寒さが身に染みる季節になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。自分の家では、石油ストーブが欠かせません。   ...