2015年3月21日土曜日

中学3年生の成長

春の季節に入り、花粉が飛ぶ量も増えてまいりましたね!!


気温の変化もあり、寒い日と暖かい日の温度差から体に負担がかかります。

体調には十分お気を付け下さい。


こんにちは!!

今回のブログを担当させていただきます、藤田です。

春は出会いと別れの季節でもあり、


小学6年生は中学生へ。
中学3年生は高校生へ。

一つ大人の階段をのぼっていきます。



今回は、中学3年生について書いていこうと思います。


中学3年生は、神奈川県立入試も終わり、高校生になる準備をはじめています。


今思えば本当に勉強をするようになったと感じます。




通塾をし始めた当初は…


宿題をやってこない日があったり、自習に来なかったり、質問がなかったりと

正直言うと他の受験生に比べると不安要素は多かったのではないかと思います。


ただ、日がたっていくにつれ本人たちの意志は断固たる決意に変わっていきました。



問題が解けないことが悔しい・・・
今の現状をなんとかしたい・・・
この志望校だけは諦められない・・・


そんな強い想いが形となり、生徒たちのサクセスストーリーが始まりました。


もっと宿題を出してください!!
先生、この問題なんですが!!
ちょっとお時間ありますか?
面接の練習してください!


自分から発言し行動することが見違えるほど増えました。
眼がするどく輝いていました。
周囲に流されず、自習室で一人残って勉強をするようになしました。


家での学習する時間が増えました
夜遅くまで勉強してました。
本当に姿勢が変わりました。

保護者の方からも嬉しい声を頂きました。


本人たちの本気の努力の末の結果は・・・



前回もお伝えした通り


神奈川県立入試、志望校全員合格でした。



ただ、実は…


生徒たちのサクセスストーリーはまだ終わっていません。
むしろ、生徒たちの意志、断固たる決意は受験を経てさらに強いものへと変わっています!


神奈川県立入試が終わりホッとしている人も多いと思いますが、

今の中学3年生は受験のとき以上にもしかしたら勉強しているかもしれません。


受験が終わってからも、自習に来ます。
自分の高校生活をより良いものにするために「今、ここ」を頑張っています。
夜遅くまで、残って友達、ライバルを刺激し合っています。


生徒たちの成長は本当にすごいことだと実感します。
講師として、生徒の成長を直接見れるのはあとわずかなのかもしれません。


ただ、次の世代にバトンをつなぐ最高の最上級生の姿

誇りを持って次への世代へと伝えることが出来ます。


生徒の成長していく姿を間近で見れるのは本当に幸せでしかありません。

講師も負けないように成長をしていかなければなりません。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



0 件のコメント:

コメントを投稿