2014年11月5日水曜日

新百合ケ丘の講師紹介(3)

こんにちは!

学習塾フラップス新百合ヶ丘校の講師、佐藤直紀です!




今回のブログでは、僕の自己紹介と、
それからFLAPSが大事にしている習慣についてふれてみたいと思います。








担当は低学年の算数と国語、 それから全学年の英語です。




ワクワクすることが好きなので、
小学生対象に実験イベントを行ったり、英語のクイズを作成したりもします。










子どもたちの「習慣」を伸ばす為には、

この、『楽しむこと』に、鍵が隠されている。

・・・これが僕の目をつけている所です。





われわれ塾講師が、生徒と1教科を勉強をすることができる時間は、
自習のお手伝いを省けば

【一週間に1時間】

です。


一週間は10080分。

例えば小学生は、授業が55分。






うーん。



定着するのか?


学習内容、そんな甘くないよ?


だって、0.5%です。
一週間の0.5%を一緒にすごしただけで成績を…少し難しいんじゃ…?



いいえ。FLAPS講師は全員プロです。
あげます。55分で、あげます。


どうやって?




習慣にアプローチすることです。

家でノートを広げる時間を創りにいくことです。









楽しい問題だからやってみる。

FLAPSで解けたからやってみる。

出来なくてもチャレンジすることに意味があるからやってみる。

ここで出来るようにならないと未来で苦しむからやってみる。

未来で、やりたいことがあるからやってみる。

やり遂げる。




習慣を変えれば、未来が変わる。

ここに最大の『楽しみ』を見つけてもらいたい。



このブログで、実験イベントの様子や
習慣へのアプローチのヒントが少しでもお伝えできれば、と思います。



今後ともよろしくおねがいします!








0 件のコメント:

コメントを投稿